HOME > CUSTOM - INTAKE&EXHAUST

aFe AIR INTAKE SYSTEM

ex-afe.jpg

今までダイレクトインテ-クと言うと”低速トルクがなくなる”とか”エアマスセンサーの調子が悪くなるなどあまり良いイメージのない方も多いと思いますが、afe社のエアクリーナーはその2つの問題をクリアしています。
まずafe社のフィルターにはWetタイプの”pro5er(プロファイバー)”シリーズとDRYタイプの”PRODRY(プロドライ)の2種類の設定があります。既存の商品でありがちなWetタイプのフィルターは、フィルターオイルがエアマスセンサーに吸入時に付着する問題により、エンジン不調に陥る事がありました。afe社はその問題を解決するために特殊なオイルを開発し使用しているため、エアマスセンサーにオイルが付着しないようになっています。その信頼性の高さの証明に世界一の某自動車メーカー系パフォーマンス会社はWet式のafe pro5erをOEMで純正採用しています。
またpro5erシリーズは5枚のコットンを全て違う粗さにすることにより、ダストの吸収効率を上げています。有名他社の製品は4枚のコットンが同じ粗さなため、大きいダストも小さいダストも同じところで詰まってしまい、目詰まりの原因になります。
その点afe社のフィルターは45,000mile(72,000km!!)走った物でも、95%の性能を発揮していたというテスト結果もあります。
またそれでもエアマスが心配な方には、手入れも簡単なprodry(プロドライ)シリーズがあります。吸い込み性能的にいえばpro5erシリーズの方がいいのですが、乾式なのでフィルターに付いたダストが全て下に落ちるので、毎度洗浄する必要がありません。prodryシリーズの特徴は、2枚のコットンの間に化学繊維が入っているため、フィルターオイルを使用しなくてもエンジンの中にダストが入る心配がありません。afe社が”World easiest air filter”と言うくらい手入れが簡単です。もし汚れた場合も水洗いでOKです。


REMUS SPORTS MUFFLER

ex-remus.jpg

REMUSは1990年にオーストリアに設立されたスポーツマフラーメーカーです。設立当初はわずか5名の従業員でしたが、その確かな品質が世界中のアフターマーケットやチューナーに支持され、現在では5,800坪の工場と375名の従業員を抱えるヨーロッパ最大のスポーツマフラーメーカーに成長しました。設立当初より一貫してエンドユーザーの要望を重視した高品質のマフラーを製作している事や、モータースポーツ活動への積極的な参加姿勢が認められ、今では世界中の50カ国に輸出を行う、4輪及び2輪用スポーツマフラーの世界マーケットのリーダーとなっています。
すべての製品は3D CADによる設計・プロトタイプ製作・実車への装着テストという手順をへて開発されます。このプロトタイプの3D測定データをベンディングマシーンやレーザーカットマシンにフィードバックし、パイプの曲げ加工及び切断を自動で行います。これにより、精度の高いフィッティングや純正の接続ポイントでの容易な装着が可能な高品質な製品が生み出されます。また、素材は内部まで全てステンレスを使用しており、高い対腐食性を誇ります。
すべての製品はローラー式テストスタンドでのパフォーマンステストを行って開発されます。車種ごとに最適な背圧(バックプレッシャー)を測定しそれを適度に軽減する事で、平均して3%程度の出力アップを達成しています。車外・車内での音質テストを繰り返し行ってサウンドがデザインされていきます。REMUSが追求するのは、音が大きいマフラーではありません。低音が強調された迫力あるサウンドでありながら車内へのこもり音がない、特徴あるREMUSサウンドを車種ごとに設計・実現しています。